HOME>昭和の香が残る下町の魅力>昭和の香が残る下町の魅力

おすすめベスト3はここ

荒川区のレジャースポットとしておすすめなのが、家族連れに人気の「あらかわ遊園」です。町の中にある小さな遊園地ですが、歴史は古く、なんと大正11年にオープンしました。園内には子ども向けの乗り物がたくさんあり(キッズランド)、小さな動物園や大温室なども併設されています。また、かつて荒川区内を走っていた都電6000形(一球さん号)なども常設展示され、特に昭和生まれの方には懐かしく感じられることでしょう。1年中通して季節折々の花々や木々に覆われ、1日のんびりと家族で楽しむことができるのが魅力です。次におすすめなのが、「日暮里繊維街」です。JR日暮里駅南口から徒歩3分のところから、約1kmにわたって続く道の両側に、生地織物の専門店がずらっと軒を連ねています。ありとあらゆる生地が揃っており、ゆっくり眺めながら散歩をするだけでも楽しいものです。自分で洋服を作りたい方の生地探しはもちろんのこと、手芸やパッチワークの材料探しにもお宝を色々と見つけることができます。鉄道ファンに人気なのが、「下御隠殿橋(トレインミュージアム)」です。日暮里駅の東西を結ぶ下御隠殿橋の中央に、トレインミュージアムと名付けられたバルコニーがあります。そこからはなんと新幹線や特急列車、京成線など、1日に20種類、約2,500本もの列車が行き交うのを見ることができます。